早朝練習は、4月1日より新設コート(No.17~20)になります。

ただし、(土・日・祝)で参加者の多いときは(No.13~14)も使用可能

 だだ今、コロナ対策に留意して練習を再開しております。

 黒磯テニスクラブは、創立から40年程、那須塩原市では一番歴史の古い硬式テニスクラブです。毎朝6時~8時30分まで、雨や雪やコートの休みの日を除く1年中テニスを楽しむことの出来るクラブです。新しくテニスコートが8面増設され、2019年41日から新設のコートで練習を行っております。

それまで、近隣に騒音問題でご迷惑をおかけし、会員も近隣の方々に気を使いながら練習して来ましたが、新しいコートのおかげで精神的に楽になり、練習に集中することが出来るようになった気がしておりますが、黒磯テニスクラブの会員はもちろんのこと、ビジターとして参加される市民各位におかれましても引き続きルールを守り、公共施設利用マナーの向上、理解、ご協力いただけますようお願い申し上げます。

ご存知のように、今年の初めより新型コロナウイルスの感染が世界中に蔓延し、感染者、そして死者の数も増えており、いつ、収束するのか出口の見えない状況が続き、当市においても感染者が出て、それに伴い市内の運動施設が全て使用禁止となってしまいました。

 黒磯テニスクラブの会員の皆様方におかれましても、早く、コートで練習したいという思いが強いかと思いますが、コロナウイルスは新型で正体が良く分からず、ワクチンも治療薬も無い状態です。感染して軽症で、自宅待機していた人が急に重症となって死亡したという事例もあり、感染には十分な注意が必要かと思います。世界中の医療関係者も不眠不休で治療に当たっております。また、人間の叡智はきっと近いうちにコロナウイルスの感染を収束させると思いますので、今少し忍耐と感染への注意を怠らないようにお願いいたします。

黒磯テニスクラブ 会長 尾形 隆喜

私も早起きでテニスを始めました!

「来る者拒まず、去る者追わず、また来た人にも快く、下手も上手も笑顔で挨拶」をモットーに、38周年を迎えた早朝テニスクラブ、正会員、休日会員はもちろん、ビジター(300円/一回)にも優しい市民のテニスクラブです。(2020年初打ちにて↓)

黒磯テニスクラブ新春初打ち記念(2019年1月)

平成30年7月28日(土)鳥の目キャンプ場で行われたクラブ行事、バーベキューにて

2016年1月、那須スポーツバークで行われたクラブ行事、初打ちにて